引き渡し

豪邸に住む

不動産は所持しているだけでも、固定資産税を支払う必要があります。
よって収益源として活用できていない物件は、売却した方が資産運用の視点から見れば賢明です。
不動産を売却する方法は大きく分けて二種類あります。
一つ目は不動産取扱業者に引き取ってもらうやり方です。
物件を扱う事で生計を立てている事からも、選択肢の一つとしては当然と言えます。
買い取った物件をどう活用するかは業者の方針によって決定します。
2つ目の選択肢は買い手を自分の手で見つける方法です。
建物や土地が利益に繋がるのは、当然の事ながら利用者が存在するからです。
利用者を自分の手で探す場合も業者の手を借りる必要があります。
物件情報を探している利用者も業者を活用する事が多いからです。

前述した物件の処理については、売り手にとっては買い手の違いでしかありません。
しかし手に入るお金は大きく違います。
一般的には個人の買い手が現れた方が、不動産の持ち主に入るお金は大きくなるのです。
不動産業者を取引相手に選んだ場合は、手に入れた物件を活用するための営業が必要になります。
企業が営業を行うためには資金が必要です。
それに対して個人の買い手が見つかった場合は、営業をかける手間が省けます。
つまり手間賃の有無が売却価格に大きく現れるのです。
また業者が物件を買い取った場合、リフォームや設備投資を行う場合があります。
既存の設備では買い手が現れないと判断された場合です。
それは企業としてはリスクを伴う行動なので、不動産をできるだけ安く手に入れたいという事情もあります。